写真画像の加工方法

 単なる加工ではなく、写真としてのレタッチ技術の手法をプロラボでの経験をもとに独自に解説します。
しかし、画像のコンピュータ処理は、銀塩写真では難しいコントラストの強弱が簡単であり、また画像の解像度にもよるが、一度コンピュータ画像として取り込んでしまえば、データ自身は決して退色しない点などから判断すると、今後銀塩写真からコンピュータ画像へ必ず移行するものと考えられる。

 それでは、最初に撮影条件によってイメージした明るさが、暗くなってしまったり、明るくなったときや、色調の処理方法を、次に写真をやっている方なら経験しているトリミングを、最後にプロラボの手法で焼きだし、覆い焼きをやってみます。


1.コントラストと色調(難易度中)

 きれいに仕上げるには、ここが肝心です。ただ、最近の画像加工ソフトは、自動で補正してくれるので、簡単に早くきれいに仕上げることができますが、光源によって、デジカメの場合は特に、色補正をその都度行うのが面倒で、最初から色かぶりしている原稿を修正するには役に立ちません。フィルムをフィルムスキャナーで画像を起こす場合、タングステン(白熱電球)光下でデイライト(太陽光)のフィルムを使用して撮影したり、その逆にデイライト(太陽光)で、タングステンのフィルムを使用して撮影すると、前者は赤く、後者は青く、色かぶりを起こしてしまいます。この補正は修正できますが、蛍光灯や、水銀灯、またはそれらの光源がミックスしている場合は、人の目で一番いい状態にするしかありません。そのための色補正とコントラストの調整を解説します。
2.トリミング(難易度低)

 これは、撮影時に構図を完璧に決めてから撮ることができない場合(スポーツ等)の写真をどのようにしたらちょうどいい構図に切り抜けるかを解説します。
3.明るさ・コントラスト・色補正(難易度中の上)

 通常写真をラボに出せばきれいに出来てきますが、最近はフィルムスキャナーで画像を起こしたり、デジカメで撮影したものをオリジナルとするようになってきました。そこには必ず色補正の問題が起きます。
 勉強は必要ですが、レタッチの手法を習得すれば、画像になっていれば、画像処理ソフトを使うことによって、比較的簡単(慣れが必要ですが)に修正できます。
4.レタッチの実際を例を交えて解説します。

 実際の画像加工は、これまで解説してきた項目を全て使ってやるものです。だからここでは、実践的に原稿と、その途中の状態と、完成までを何例か出して解説します。
 また、ここで初めての手法も公開します。(ちょっと邪道ですが、こんな事も出来るっていうことです)

 ただ、ここでのレタッチは、レタッチであり、自分の撮った写真が目で見たときと違うと感じても、自分の思い通りのイメージへ直すことが前提であり、別物へ変えてしまうことは避けたい。
注意

  ここでの色補正などでの基本は、それぞれ皆さんが使っているコンピュータ環境で異なります。
極端にいうと、全く同じ機種で、同じソフトを使用して補正などを行っても、異なることがあります。
ただ、その異なり方は、印刷原稿とするに辺り、厳密に見れば多少の誤差がある程度で、実用の範囲内と考えれば、それほど異なるわけではありません。プリンターによっても、色やコントラストの違いはあります。画面と、印刷と、インターネット環境での表示上の誤差を修正する為には、多額の費用と、特別な機材、マシン同士の同期が必須です。

メニューへ(1つ前へ)